インフルエンサーマーケティングに興味!人はどこで探せばいい?

2019年08月27日

自分の商品やサービスをインスタグラムや特定のコミュニティ内で宣伝して欲しいというのなら、インフルエンサーマーケティングを検討するのも一つの方法です。インフルエンサーマーケティングの意味とは、特定のコミュニティ内で影響力を持つ人に自社の商品やサービスを宣伝してもらい、多くの人にその存在を知ってもらうというものになります。

これまで企業はさまざまな人をターゲットに多くの広告を出す必要がありましたが、それだと必要ない人たちにもアプローチしてしまい、想定していた人たちに的確にアプローチするのが難しかったのです。ところが、インフルエンサーマーケティングによって特定のインフルエンサーが商品を宣伝してくれることによって、特定のコミュニティや特定の属性を持つ人たちに効率よく宣伝できるようになりました。

とはいえ、的確に特定のコミュニティに影響力を持つインフルエンサーを探すのは難しいでしょう。この場合、いくつかの方法があります。

一つは、広告代理店を活用する方法です。実はSNSに強い広告代理店というのがいくつかあり、そのような所に依頼すると特定のサービスや内容をSNS上で取り上げてくれ、かつ宣伝してくれます。この場合、特にインフルエンサーを何人も知っていて、彼らに依頼を出して宣伝をするようになっていますので、個性的なインフルエンサーにもある程度アプローチすることができます。クラウドキャスティングを行っている企業がありますので、こういう商材でこういう人たちにアプローチしたいと相談すると、クラウドキャスティングの方が探してくれるでしょう。

探し方としてはその本人に直接依頼することもできますが、それよりもやはり広告代理店などの間接的な企業に依頼するのがおすすめです。というのも、クラウドキャスティングができる企業は限られていますし、一般的なインフルエンサーは影響力がある分、一定の信頼できる企業やその人たちからの依頼しか受けていないことが多いのです。また、自分が思っているよりもより良いインフルエンサーへのアプローチができ、検索時にヒットしなかったような人たちへのアプローチを提案してくれることもあるのです。

探し方は少し難しいのですが、検索や口コミでも知ることができます。費用は数十万円からというところも少なくありませんが、思ったより安い費用でキャスティングできます。意味のある広告にしたいのなら、インフルエンサーマーケティングを活用するのがおすすめです。